自然と観光

スペインの建築様式

スペインの建築様式 (写真1)

画像総数:18   [ 見る ]

スペインの建築は多様な文化と明確な相関関係があり、キリスト教文化とイスラム教文化の衝突がスペインの芸術に奇妙な色をもたらし、スペインの国は情熱的でワイルドな性格で誕生しました。それは詩的で、幻想的で、神話的なスタイルを反映し、しばしば豊かな想像力とロマンチックな感情に満ちています。

ベイスタイルのレイアウト:スペインは海の国であるため、「水」はスペインスタイルの魂の要素の1つです。一部のスペインのプロジェクトでは、通常、スペース分割の分離媒体として水システムとグリーンベルトを使用しているため、コミュニティは外部と自然に区別されます。住空間では、水辺の雰囲気が随所に散りばめられており、建築と水と人との完璧な調和を反映しています。

階層的な計画と設計:スペインの建物は通常、階層的な方法で配置され、高レベルと低レベルが交互に配置され、人々の空間スケールの感覚に沿っています。ファサードのデザインは、全体的な階層感と空間表現を強調し、空間的な階層構造の変化により、伝統的なファサードの一体性と剛性が損なわれ、リズム、プロポーション、スケールが数学の美しさと調和しています。

革新的な一戸建てのタウンハウス:以前は、ほとんどのタウンハウスは複数のタウンハウスの単純なコピーでしたが、認識性や全体的な感覚効果はありませんでした。今日のいくつかのスペインの建築プロジェクトでは、デザイナーは通常、モジュールの形式を使用してタウンハウスを構築し、各世帯はもはや単純なコピーではありません。このデザインは、通りすがりの乗客にとって美しい景色を楽しみ、家族にとって快適な生活空間です。

それは典型的なスペインの建築要素と特徴を持っています:テラコッタチューブタイルから手描きの漆喰壁、曲線の壁からワンステップのバルコニー、鉄とセラミックのペンダント、さらに小さなアーチ、文化的な石の外壁、赤い傾斜屋根、弧のコーニスなどのシンボルの抽象的な使用は、すべてスペインスタイルの特徴を表現しています。

材料はシンプルで、製品は完全に手作りで洗練されています。スペインの建築で使用されている建築材料は、一般に人々に斑点のある手作りの古い感じを与えますが、テラコッタ、焼成粘土、環境保護と吸水は家の中の温度を保つことができます。スペイン風の建物は、地形処理、錬鉄、ドア、窓、外壁建設技術のいずれにおいても、手作りの典型的な特徴を反映することができます。

次のセット:ロシアのクレムリン